スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アインハンダー再訪

アインハンダー

当時のスクウェア(現スクウェアエニックスそれからタイトー)が世に送り出したシューティング。
実はスクウェアは、最初期にはシューティングを作っていたメーカーで、
「キングスナイト」や「テグザー」など(見ようによっては「飛び出せ大作戦」も)
知る人ぞ知るというタイトルを手がけてたりします。

さて、アインハンダー。
このゲームはものすごくやりこんだ記憶がある。
どれくらいやりこんだのかというと、

アストライアーmk.II  ワスプ・フラッシュ装備

この機体が配備されていると言うことはそういうことだ!
(難易度ハードをコンティニュー3回以内でクリア)
もちろんこの機体を出すには、通常の機体でプレイしなければならないから、
血反吐を吐きながら繰り返し繰り返しパターンを構築していった記憶が…
(コックローチも出てるよ♪)

んで、装備したガンポッドの装弾数がMAXになる最強の隠し機体、
アストライアーmk.IIで上記の兵装でハードモードをやってみた。


久々なおかげでパターンがまったく分からないw
敵が放ってくる攻撃の大まかな避け方は体が覚えてるんだけどね。
それでも機体性能のおかげで序盤は難なく通過。

こちら、SRCさんのサイトで紹介されていた4面後半の最下層にいるパルツィファル。
パルツィファル

坂を寝た状態のまま滑走してくるという、実にかっこいい登場の仕方をするけど、
特に何をしてくるわけでもなく、ただの的という悲しい敵。

5面、おそらく初到達時にわけの分からない内に殴られるであろうゲシュテル。
ゲシュテル
ハードだとその機動力に拍車がかかり、画面中を縦横無尽に飛び回るため、フラッシュの力技で速攻した。
最後のラリアットが凄く怖かった。

ここからボスまでの間で死ぬと復活がひどく難しいので、
やっぱりフラッシュワスプの力技で。

5ボス「デューラー」
デューラー

全身武器と思わせる兵装の量がアーマードコアに通じるものがあって凄く好き。

これがまたよく動くんだ。
資料によると9つもの兵装を持っていて、それらを小気味よく放ってくるもんだから脳内麻薬でまくり。
そのうちの一つが下の拡散レーザー。
11000tp S.L.C.

胸から放射状にガイドビーコンを飛ばした後に判定が現れる見た目にも美しい攻撃。
通常ならデューラーの頭上が安置なはずなんだけど、
安置消滅

パーツ破壊で仰け反って安置消滅。
どうしろと…

二機死んでランクが下がったのか、フラッシュ特攻で6面へ。(残3)

6ボス「シュバルツガイスト」
安置

ここで残念ながら全機もっていかれました。
デューラーと同じ拡散レーザーを放ってくるんだけど、
デューラーのものと違って即判定が現れるので、安置に気づく間もなく終了。(ちなみに安置は左下)

せっかくなので3コンテ以内で最後までやったけど、
ラスボスの「ヒュペリオン UCS mk.XII」が酷いのは記憶どおりだった。
背景が動きすぎでよく分からんw


数年ぶりにプレイしてみたけど、演出面の凝りようは流石スクウェアといったところ。
ストーリー性を盛り込んだステージ展開が成されるシューティングが好みなので、
食い付いたのも当然だったのでしょう。

comment

Secret

羨望の的、おぬしも…!

アストⅡは、やはし生半可な覚悟じゃ獲得できませんよね。

最早、フラグそのものがマゾですよ、もう。

そして、デューラー。
ライオットがあれば秒殺らしいですが…果たして。

>>SRCさん
試したことはないですが、
秒殺なんてもったいないですよ。
BGM・動き回るデューラー・目くるめく弾幕、
これらを味わいつつじっくりと倒すのがいいのです。
(今回は必死で瞬殺モードでしたがw)

これが美学

やられっぷりもいいですよね。
カタパルトを転げるように落ちていくのが。
360ゲーマータグ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。