スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終予選・・・だよなぁ?


妥 協


これ以外の言葉が見当たりません。
前回の親善試合でのラスト30分は興絽・香川・岡崎・内田ら見所も多く、若手の躍動を見ることができました。
終盤までスタミナの持たないベテラン勢の欠点も分かったはず。

しかし、まっっったく進歩のないメディア向けの先発起用には呆れました。
交代枠の使い方も疑問しか残らない。

眠ったままピッチに立った選手たち。
終盤、いつもどおり足が止まりロングボールを使い始めたのに一向に動こうとしないベンチ。
動いたと思ったら、フィジカルが強みだけど突破力に欠ける稲本を入れる暴挙。
独善的なトリックプレイに定評のある大久保。
オールラウンダーの興絽がピッチに立ったのは、残り10分。

ようやく希望が見えたと思ったら、トゥーリオが邪魔をする始末
裏への飛び出しが持ち味の興絽がようやく入ったというのに、前線にいたら敵DFラインも下がるでしょうが。
ポストプレーするにしても精度は低く、相手プレイヤーを倒して時間を浪費。
カウンターでいつも失点してるのを忘れてるのでしょうか。(だから稲本を入れた?)
目立ちたがりで独りよがり。能活二世ここにあり。

もし、独断ではなく監督からの指示でトゥーリオがパワープレイに出たのなら、
身長175cmの興絽を入れた意味が分からないし、
それだったら185cmの巻を入れるべきだ。

そもそも体格で劣る日本にパワープレイを求める監督もどうかと思うが。


メディアもメディアでいつもの朝日。
後半40分、結果が見えたと判断して試合そっちのけで選手の顔を追うのはいつもの行事。
試合が動いているというのに、リプレイを流すのもいつもどおり。
実況もあまりに聞くに堪えないので、音量ゼロで見てたんですけど、
これだと如何に現状の日本のサッカーがつまらないのか分かります。
まだBSの方が静かで的確で見やすいです。

当たり障りのない起用をし、
勝ち点ゼロという最悪の結果を恐れ、
いつまで経っても状況を変えようとせず、
勝ち点1に安堵する岡田。

妥協に始まり妥協に終わったW杯最終予選。

活路は、、、、
やはりトップの交代しかないのではなかろうか。
本当に酷い試合内容でした。

comment

Secret

360ゲーマータグ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。