スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横シューの持ち味

横シューというのだから、自機を横から見るわけです。

そして奥行きのある背景があるわけです。

せっかく広大な空間があるのだから!!

『THUNDERFORCE VI』ステージ1~3の雰囲気をバッチリつかめるPVが到着!!

というわけで、これなわけです。
サンダーフォース初心者な自分なので、大見得きって紹介するのはアレなんですが、、
見てるだけで遊びたくなる背景演出は久々な気がします。

ポリゴンによる3D空間が主流の横シューを手っ取り早く挙げるとしたら、
ボーダーダウン・グラディウスV・R-TYPEデルタ・アインハンダー

スピード感のあるスクロールはサンダーフォースの伝統なのでしょうか。
それに加えて、ダイナミックなカメラワーク。
海面から飛び出したり断層の隙間を抜けたり(シルバーガンの2-3を横から見た感じ)。

倍率やら弾消しやら無駄な稼ぎ要素も無さそうだし安心して遊べそうです。

サーチ&デストロイ

そしてBGMコンポーザーの顔ぶれには爆釣なわけで。

ロックマン9やバイオニックコナンドーD計画もそうだけど、
面白い流れになってきましたねぇ。

comment

Secret

凄いぜ。

自分もPV見ました。久しぶりにアツクなりました。(^∀^)ノ
良いぞ良いぞこれ。特に戦闘機が並んで飛んでいるところが最高だー(≧□≦)ホントに美しいですね。
しかしネットじゃ文字がださいとか言っているんだけど、あれがカッコイイじゃないか。(・∀・)
そんじゃ(*^-')b

>>01A
文字の良し悪しは人それぞれ好き好きですよ。
作中でどのように使われるかは分かってないのだから、
化ける可能性もありますよ。

甦る雷の青鳳

 ・・・雷電Ⅳのキャッチコピーをもじらせてもらいましたが。

 ここで初めてサンダーフォースⅥが出る!というのを知り、驚きと共に嬉しさが沸き起こった次第であります。なにせ某BTの後だもんで、もう続編は無理だな・・・と、思っていた矢先でしたからね。それに過去作はほとんど体験しましたが、どれもがブームが過ぎ去ってからで・・・正統ナンバリングのサンダーフォースがリアルタイムで遊べる!!私には喜びもひとしおな訳です。

 文字いいじゃん!否定意見はかなり多いようですが、あれからどうやってゲーム部分に繋げていくか、逆に楽しみですよ。

 ゲーム部分も旧作で見覚えのある場面が多く、疾走感のあるステージはまさしくサンダーフォースと言えましょう。

 私も非常に楽しみにしています!
360ゲーマータグ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。