スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現状報告

AMショーの疲れもようやく癒えたので、
これからの計画なんかを考えてみました。

まずは、今日。(と言っても日を跨いでるけど)
すっかり忘れていたお届けものが来てました。
おとぎ奉り10 初回限定版 (GUM COMICS) おとぎ奉り10 初回限定版 (GUM COMICS)
井上淳哉 (2007/09/22)
ワニブックス

この商品の詳細を見る

プロギアやエスプレイドでお馴染み、井上淳哉氏のコミックス最新刊です。
まだ読んでないけども、9巻で魅せた怒涛の戦闘シーンは圧巻の一言。
ぐわんげのようなおどろおどろしい雰囲気が好きな方にお勧めの一品。
こういう世界観そのままの演出重視STGが出ないかな~~
ん? デススマイル?

ああ、うん。そうね。
エスプレイドは名作だよね
#言い回しがくどかったのでちょい修正。エスプレイドは間違いなく名作です。

そして明日25日火曜日。
これもすっかり忘れてましたが、水曜どうでしょうDVD第9巻の受け渡し日です。
本当は水曜の午前0時からなんですが、翌日は休みなので0時に受け取りに行くつもりです。
場所は近所のローソンが閉店したので厚木高校脇のローソン。
0時まで何をして時間を潰すのかは大体予想が付きますね?


そんでもって、すっかり忘れ去られている可能性がある「メタルブラック」62万動画解説を順繰りやっていきます。
本当は22日に開始しようと思ってたのだけどエンコの際にクリップ枠の調整を怠っていて、
ようつべにアップしてみたら上下のレターボックス部分が強調されてしまいました。
映像部分の縮小が致命的に感じられたので、再度エンコしなおして今日に至ってます。

内容としては稼ぎポイントと独自パターンの説明ですね。
ビームの使い方とニューロンの回収タイミングとレベル合わせが主になると思います。


こうご期待?


■ニュ~~ス
エースコンバット6の新トレーラーが公開されました。
なんかもうヤバイ。
首都奪還作戦とか王道すぎて涙が出そうになった。
仲間と共闘しているという臨場感が過去作にも増しているのが、
これほどまで演出効果に繋がるとは思ってもみなかった。
つか、バレルロール&ミサイル掃射!!
マクロスミサイル!!!

ナムコのトレーラーは何故こうも神掛かっているのだ…
「It's time for me to dance with the angels.」

comment

Secret

弾幕は地形

お久しぶりです。
どうでしょうDVDは9月に金を入れたんで、見れるのは、10月です。
(T_T)
そういえば、
知らない若者のオタクと話したんですけど。「俺、弾幕は苦手で地形が好きなんだよな-」
「弾幕は地形なんですよ、動く地形ですよ。」
馬鹿にしてんのか。\(゜□゜)/

地形と戦うSTGて

>>01Aさん
>弾幕は動く地形
そこに戦略性があるのだろうか。
ケツイのように「移動範囲を狭める砲台をあらかじめ破壊する」というのなら分かるけど、
弾幕自体に地形としての戦略性はない、と思います。
東方弾幕なんて迷路アクションだし。

ケツイレベルの完成度の高い弾幕演出って以降あるんでしょうかねぇ。
兎にも角にも、その人は「2周するまでグラディウスの刑」に処す。
地形舐めんな、と。

天使とダンスだ!

AC6のトレーラーの決め台詞の英語はなんていってるのか調べてたらたまたまヒットしてやってまいりました。正しくは、

"I know it's dangerous... but it's time to lead a dance of the angels!!"

のようです。天使のダンスをリードする時間だ!でしょうか。天使たる誰かを援護しに行こうとしてる場面なんでしょうかね。

通りすがりにすごくどうでもいいこと突っ込んでゴメンナサイ。原文発見してうれしかったんです(/ω\)
(ちなみに海外のAC6フォーラムで見つけました)

AC6タノシミデスネ。

大空で会おうぜ!

>>メビウス0さん
本文の英文はニコニコ動画の字幕をそのまま写しただけだったりw
すごく・・・適当です・・・

通りすがりも一期一会。
空で見かけましたら執拗に追い掛け回してくださいw

「エスプレイドは名作」に同意

>弾幕は動く地形
 実に面白い答えで笑ってしまいました。これが世代での見解の相違なのかもしれませんが、どちらにせよ地形STGを馬鹿にしているとしか思えません。なので最近ネットで見つけ、個人的にウケた暴言をそのオタクに吐かせてもらいます。
 「黙れゆとり」

 エスプレイドはどう考えてもケイブSTGの3本の指に入る作品でしょう!キャラクター(アリスクローンやガラ婦人のインパクトはかなりのものでした)、世界観、遊びやすさ、ボスBGMとどれもが一級品。いくら遊んでも飽きがきませんね。

 しかし、今度のデススマイルズは頑張っているんじゃないかな、と思います。少し遊んでみて、程よい難易度や遊びやすさに素直に驚きました。普通に1コインクリアするだけなら簡単な部類では(私も3、4回ほどで1コインクリアできましたし)?
 
 パワーアップ状態でドクロを回収しまくる気持ち良さは「ぐわんげ」を彷彿とさせ、所々「プロギアの嵐」を感じさせる部分も多いのに、これらの作品より遥かに遊びやすい・・・本当に驚きました。

 まあ、稼ぐとなると面白い撃ち返しの世界に突入しなければならない訳ですが、昨今のケイブSTGの中での敷居の低さはかなりのものだと感じました。
 
 ケイブもまだ、こんな良心的な作品を作る事ができるんですね。それとも井上淳哉氏がやはり凄い方なんでしょうか?

 ・・・しかし気になった点が二つ。
 (1)EDに分岐点がある。
 (2)AMショー等で数々の電波    ソングでゲーマーを魅了し    てきたケイブ、遂に「ED    も歌入り」に。

 ・・・さすがにこれには色んな意味でやられました・・・。

>>智・IIさん
ふむふむ。
スコアプレイヤーとクリアプレイヤーへの住み分けが珍しく成されているようですね。

日曜の遠征で遭遇すること叶わず未だに未プレイなんですが、
早いところコインいっこいれてみたいですねぇ。
360ゲーマータグ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。