スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューティング技能検定~業務用~

前回のタイトル、別に倒す必要はなかったね<あいさつ


仕事帰りにシルクへ寄ってきました。
お目当てはタイトルにもある技能検定、、、ではなくてやはりメタブラだったんですがねw

メタブラの方は色々試して56万越えALL。
4ボスを3ループ位したら1万点は入った気がする。
ニューロン稼ぎをするつもりないから、地道に稼ぎポイントを探していこうかね。


で、タイトルにするくらいだから技能検定もプレイしました。
2月のAOUで一回だけ触ったことがあるので初プレイというわけではないけど、「ナイスボムれ」で3つのボタン全てがボンバーボタンになる説明が加わったのはGJ。(ショーでは知らずに暴発)
しかし入力遅延の酷さは解消されておらず、画面上部からまっすぐ落ちてくるボンバーアイテムを取るのが困難なほど。
真正面に移動したはずが半キャラずれてるとかありえん。
でもまぁ一部を除いて大きめに動く内容ばかりなので気にすることはないかもしれないけど。

結果から書くと、技能レート5.6で22時現在で2位でした。
「撃て」はまんまスターフォース。敵弾の判定が分からないので大きめに避けてたら画面上部まで追い込まれて終了。
「ビル回避」の判定の分かりにくさは何とかならなったのか。
(ショーverではビルではなく赤い空間に黒い球体が配置されていた。)
「避けろ」は弾撃ち弾に要注意。2周目は見てから反応できません。
「地球を守れ」は擦り使用。サーセン。
「しのげ(?)」はわけも分からず切り替えしもできず中途半端に凌いでみた。端から順に撃っていけば全滅は楽そうね。
「セイブ・ジ・アース」は撃ち込み加減命。時間切れ後はゴミ箱を撃ちまくれ!

「やりこむか」」と聞かれたら微妙というか多分やりこまないだろうけど、
これはライバルが多いシルクだからこそ盛り上がるタイトルかもしれない。
シューター頂上決戦みたいな。
レジャランに入っててもやらないな~。

え?エクスジールはって?
プレイしてないからなんとも言えないけど、人のプレイを見る限りでは2面ラストは良いルーチンワークですね、としか。
あの入力遅延でまともにプレイできるのだろうか…
「本当にシューティング愛してる?」(銀銃風に)


「メタブラ」ネタ動画キャプチャしてみます。
近日公開予定。
アップ完了。ネタがネタだけに楽だったわw(続きからどぞ~)

tag : STG レジャラン シルク

comment

Secret

『やりすごせ』のメカが、クラブにしか見えない

ゲーマー年齢42のSRCです。

イヤー次元がちゃいまんね、やっぱ。
(私が知ってる名であるJSFさまは24と高レベル)

名は残せてるようだけど
その寿命は長くないぞ~。

メタブラはとうとう5面まで垣間見た。

3面クリアのボーナス面後に
1ストック追加されたのが不幸中の幸い。
4ボスは、上手い人の動きをスキャニング
してたので1発OKですw

シューター年齢22歳=ほぼSTG歴

>>SRCさん
足の本数的には「ちちびんたリカ」だったり。
余りに簡単だから隠しボーナスとかありそう。

メタブラのボーナス面のクリアボーナスはでかいですよねw
2面冒頭で1うpのSEが聞けるかどうかでテンションが変わります。
後半戦ですが5面から本気で殺しに来ます。これまでも難しい場面はあれど、5~6面道中の悪質度は群を抜いてます。
敵がどこから現れるか・ニューロンの発生ポイント・ゲージ管理・ビームの使い所・安地。
これらの知識を総動員しなければ、余裕で死ねます。
ボス戦は意表を付かれなければ1面ボス並に弱いので問題ないと思います。

同年齢w

K.H殿と同じシューティング年齢の私が来ましたよ。
というか、初回は訳がわからずプレイして25歳相応でしたが。

チュートリアル無しってのが辛いので、初見が全てのゲームになるかもしれないですね。
ナイスボムでいきなりボム撃っちゃったし。
あとコマンド入力でいきなり「ブブー」言われて腹たったw

それでも、これまでのシューティングとは比較的趣が違う匂いがするので、ウケるところでは結構いけそうな気がします。
「空き缶はクズカゴへ」は妙にハマりますね。ラストのクズカゴ撃ちまくりとか。

ビル回避は、赤い物体とビルの両方が存在しますね。
ビル側はかなりの難易度だと感じました。
あと「しのげ!」は「やりきれ!」だったはず…

なんとw

>>K-HEXさん
>同年齢
レゲー好き繋がりでしょうかねw

初見では色々と不親切で辛いですね。
チュートリアルがない分、メイドインワリオみたいにテンポは良いと思いますが、ロジック系の課題くらいは説明が欲しかったかも。

ビル回避系は二種類存在してたんですか。
自分がAOUで体験したのは赤い空間の方で、そっちは初見でタイムアップまで粘ることが出来たのですが、ビルの方は空間が広めな半面スクロールが異様に速かったです。ショットで判定を探ってたらビルに轢かれました。

「やりきれ!」は、ただ整然と並んだ戦車が自機目掛けて撃ってくるだけ。知ってるのと知らないのとではたち位置が変わりますよ。

良くわからずプレイで41歳

うむむ・・・
歳くってるのバレバレ

>>政@親父さん
初見は訳が分からなくて当然ですよ。
いきなり「やり過ごせ!」と言われても「何を!」っていうのが普通の反応ですから。
で、状況を目の当たりにして初めて何をすべきかを解読しなければならないと。
「撃って避ける」という大原則以外の「何をすべきか」という要因が多岐に渡り過ぎて、繰り返しプレイしないといけないのが辛いところですね。
人のプレイを観察するのも効果的ですが、
「そこまで魅力があるのか?」と聞かれたら俯いてしまいます。

本当に愛してる?

前にナムコが出した「てんこもりシューティング」の感覚でやろうと思ったのが間違いだったのでしょうか?
> 初見は訳が分からなくて当然ですよ。
良かった。
もうついていけないのかと思いました。
いきなりアレやれ、コレやれ言われても困りますね。

ゲーム全体的にはやっぱり・・・
前作、トライジールの時にも感じましたが、入力遅延を業務用で感じさせてくれるのは、やはり無しですね。

ネタ優先な気がする。

>>政@親父さん
お~「てんこもりシューティング」とは懐かしいタイトルですね。
自分も結構~遊びました。
「てんこもり」の場合は、開始前にクリア条件がきっちり説明されるので分かりやすかったですね。
http://www.bandainamcogames.co.jp/aa/am/vg/tenkomori-shooting/play.php

代わって検定の方は、一瞬だけ表示される命令から何をするのかを読み取らなければならないので、一歩遅れてしまうのでしょう。
「ナイスボムれ」だってどうすれば高得点になるのか初見で気付く人は少ないですよ。

遅延に関しては個人差があるので一概には言えませんが、やはり企業努力の見せ所のような気がするので、もう少し何とかしてもらいたかったです。
グレフの「ボーダーダウン」のロケテ時に入力遅延が酷いと散々言われましたが、
本稼動までに煮詰めた結果、それほど気にならないレベルに落ち着きました(自分の場合)。

技能検定は・・・

未だ怖くて触れてません(笑)。

入力遅延ってどういう現象を指すのでしょうか?私にはよくわからないのですが。

エクスジールの5面に入った時は少し震えましたが。前作の4面を彷彿とさせる場面が出てきて、「永遠のトラベラー(前作4面BGMの歌入りVer.)」が流れるとは!

結構驚きましたよ・・・

入力遅延とは、

入力遅延というのは一般的に、レバーを倒してから画面に表示された自機が動き出すまでの時間差を指します。
遅延が酷い場合は、自機が遅れて移動するのが体感できてしまいます。
当然、レバーをニュートラルに戻したのに自機が少し余分に動くことにもなります。
この現象はNAOMIを使ったSTGに多く見られ、シューターからは忌み嫌われる要素となってます。
表示スピードに難のある古めの液晶TVに接続した場合も遅延が起こるとか。
昨今ではタイトーメモリーズに収録されたタイトル(ダラ外・メタブラ等)の遅延が余りに酷かったため波紋を呼びました。


エクスジールは5面冒頭までは到達しましたが、雷電と違ってシリーズをプレイしてきてないのでオマージュを楽しめないのはもったいない気もします。
しかし、何かが足りないせいか盛り上がりに欠けました。

技能検定は何も考えずに気軽に楽しめるからお勧めですよ。
360ゲーマータグ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。