スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトルバクレイドの遍歴

気づいたら足の親指に輪ゴムが引っ掛かってました。<あいさつ

シルクのレゲーSTG枠にバトルバクレイド(UNLIMITED Version)が入ったので、軽く紹介してみます。

「バトルバクレイド」は、1999年にエイティングから発売されたバトルシリーズ(バトルガレッガ・バトライダー)の第三弾です。
メーカーにライジングが明記されていないのでライジング謹製かどうかは不明が。

その内容はというと、バトルシリーズの冠が付いている通り、
「稼いで死んでまた稼ぐ」という所謂ランク調節ゲーの部類に入ります。
それでも他の2タイトルに比べれば、ランクの上昇は緩やかなので、
初心者でも入りやすい調整にしようとしてます。(ぉ

スコアシステムとしては、新たに倍率の概念が取り入れられ、
一定時間内に特定の敵を連続で破壊していくと
×1→×2→×4→×8→×16→×32→×64
と最高64倍がまで増えます。
この倍率がザコやボスを含む全ての敵の基本点に適用されます。
ボスパーツなどの得点が大きいパーツになると、
5万点×64=320万点とスコアも跳ね上がります。(勲章も10万点に)

ここまでならスコアラーが面倒な思いをするだけで問題の無いように思えますが、
ライジングは一つのミスを犯しました。

初期出荷バージョンにおけるスコア上限値が6400万点しかなかったのです。

上記の倍率パターンを練り上げることで5面道中でカンストできてしまうという事態に陥りました。
ゲーメストの初回集計で4人達成しています。
メスト第一回集計結果

これはSTGというジャンルにとっては致命的な欠陥です。
基板を購入した店舗からもクレームが相次ぎ、エイティングがとった苦肉の策は、無償交換による修正ロムの配布です。
無償交換のお知らせ


右上に映ってる人を気にしてはいけません。

自社のミスを無償交換という形で補ったのは英断。
メーカーとして最低限の水準を保ったといえます。

値段を半額にして面目を保とうとしてた、
どこかの格ゲー作ってるところも見習って欲しいものですね!


さておき、
これによって、スコア上限も安全域に設定され、隠し要素も全て公開したROM。
所謂「UNLIMITED VERSION」が広く出回ることになったわけです。


バクレイドを遊ぶ上では、難しいことを考えず、
連射せずにオプションを4つに抑えておけば、
難易度もそれほど上昇しないので、結構長く遊べるようにはなってます。


スプライト削れが目立つので、自分は好きではないですが、
気にならないという人は遊んでみてください。
期間限定です。

・おまけ
http://hwm7.gyao.ne.jp/soket/shooting_ex.swf
程よい知識力を要するSTGクイズフラッシュ。
難しすぎないのが好印象。


※収録開始

tag : STG シルク

comment

Secret

アンリミテッドだったかw

↑カタチはどうあれ、
マイナーチェンジ版であった事は確かのようね。

しかし、その程度のスコアがカンストとは
致命傷もいいトコですね…。

200周しちゃえば
無印グラディウスとて、
億単位まで逝く事が証明されてるというものを…。
(グラディウス・ポータブルのガイドブックを参照。)


そして、あの自機の数。

残りは隠しだという事が解ったはいいものの、
いわゆる初心者向けが余計に見つからない感じが…。


尚、第二戦となった昨日では
いきなり初級コースを制覇寸前。
(確か、初級は4ステージまでだったハズ。)

こんな偶然、あっていいのか…。


>STGフラッシュ
STGはまだまだ浅いワシが
どこまで正解できるか、試したいです。
(ボロボロでしょうなぁ…)
回答は記事に仕立てる所存です。

バトルシリーズ最終作がこれでは・・・

スコア上限値の不備からして、
システムと作りこみの両立の甘さを露呈した形です。

弾幕系とはちょっと違うので、普通に遊ぶ分には難は無いと思いますが。

ただ本文中にもあるとおり、
グラフィックが雑でチカチカするのが気になるのでイマイチやり込もうとは思えないのですよ。
演出面も秀でているわけでないし。

結構好きです。

これで操作に遅延を感じなければ、更に良かったんですが・・・
ただ、このゲームはあまり売れなかったんですよね・・・

ちなみに設定を初期化すれば、初期バージョン(無印)も遊べます。
もちろんバグ修正版。

固定概念が邪魔したのかも

>>政@親父さん
自分の場合、「バトルシリーズ」っていう固定概念があるせいで、
楽しくプレイできなかったのかもしれませんね。
クリアのために稼がなければならない→倍率システムが煩わしい→倍率維持のための自爆。

これが大嫌いでした。
ガレッガや鋳薔薇での自爆はそれほど苦ではないのは不思議なんですが。

バクレイドも見方を変えれば遊べるタイトルなんですよね。
先日、二人同時プレイでワイワイ楽しく遊んでる人達を見かけました。
煩わしいシステムを覚えずとも楽しめるというのは、それだけで長所ですから。

8ingの宿命かな?

>>K.Hさん
楽しみ方を変えると、また違った発見があって楽しいのですけどね。
バトルシリーズなどの8ingシューティングはどれも好きなのですが、どうもプレイ姿勢に固執しちゃって駄目ですね。
うちで女の子が2人で楽しんで遊んでるのを見ていると、自分らは今まで何やってたんだ?って思っちゃいますよ(笑)

ちなみにバトルガレッカは
http://onamasa.web.fc2.com/dai/0503xx/050325.pdf
で書いているように言うまでもなくやり込んでいます。

>>政@親父さん
プレイ姿勢の固執は、ゲーマーのスキルアップに伴う弊害と言えるかもしれませんね。
過去の作品を引きずる形で続編と向き合った場合、変なこだわりが邪魔をする場合があります。
また、完全新作なのに無理やり既存作と結びつけたり。

純粋な気持ちで向き合うのは中々難しいものです。
レイストームを一号機オート設定でプレイすると違った意味で新鮮な気分になれますがw

ちなみにガレッカはAC版CS版通してブラックハートMk-IIまで。
いつかはクリアしたい…

中々大変

バトルバクレイドの記事を書いてみました。

バトルバクレイド
http://onamasa.web.fc2.com/dai/0705xx/battlebakraid.pdf
バトライダーhttp://onamasa.web.fc2.com/dai/0705xx/batrider.pdf

なんという基板保有数!

全て見させてもらいましたが、
バトルシリーズ全てを保有しているとは!
ランク表示の隠しコマンドがあるなんて知りませんでしたよ。
バトライダーは隠しボスが豪華でしたね。
中でも「B.H mk-II」の登場のさせ方は反則です。
多分、トラウマに駆られた人もいたでしょうねw

iP!5月号に掲載されていますw

基板所有集はさておき、
たいていの基板はあります。

ぶっちゃけ、
ライジング&エイティングのゲームは全部あるし、
彩京のゲームは全部あるし、
CAVEも新しい基板以外は全部あるし、
コナミ、タイトー、カプコンなども
ほぼ揃っています。
あー限が無いのでこの辺でw
360ゲーマータグ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。